SSブログ

あの小説の中でふたたび集まった。

前回ブログを書いた時は、
まだまだ暑くて、入道雲もモクモクで、かき氷屋さんの前は大行列でした。

その夏が、ひと晩でスッと姿を消してしまったような夜。

番組の残り時間が少なくなってくるにつれ、
楽しいんだけど、なんだろう、このひたひた迫ってくる寂しい気持ち。

これは完全に
「夢中になったこの本もそろそろ読み終えてしまう…」という感覚と同じでした。



8月31日(月)27時にひっそりとはじまった
燃え殻さんとの3時間特番、「あの小説の中で集まろう」




8月でも9月でもないような
夏でも秋でもないような
夜更けから夜明けのグラデーションの中での生放送。

前回の放送から、2年と2ヶ月。
それぞれ変わったこと変わらなかったこと。
色々な話が出ました。

人と人の間にこのような境界を作らねばならなくなったこと。
これも、社会の中の大きな変化ですね。

IMG_0199.JPG

今は物理的に「集まろう!」と声をかけることも躊躇してしまいますが、
ラジオなら、今それぞれがいる場所から好きな時に集まって、
気持ち的に自分の好きな距離感で、実はね…という話ができます。

ラジオの前で起きている(&眠れない)愛すべき人たちと
本や音楽やいま思うことについて、
「ああ、このまま何時間でも話していたい」としみじみ感じました。

異例尽くしの夏でした。
9月の朝が来る前の8月最後の日。

多かれ少なかれ
なんとなくおさまりのつかない思いを抱えたままのところに、
燃え殻さんの優しい声が持っている「うん、聞くよ」という独特の空気感。

「#あの小説」のもと、それは沢山の言葉が集まり
ひとつのつぶやきが横にもつながり増幅して、
「いつまでもここにいたいなあ」というあたたかい空間が生まれました。

なかなか形にならない思いや記憶や、
あの時や今の空気など、言葉ですくい上げてくれる新刊「全て忘れてしまうから」

ひとりでしみじみ味わうもよし、
誰かと「私の好きなエピソードは」と語るもよし、です。
(私は長与千種ファンのおばあちゃまの話にホロリとしました)

素晴らしいゲストのお二人にも感謝。



ハルカさんが歌う
「すべて忘れてしまうから」のスペシャルPVはこちら。

https://youtu.be/dQlonW-p0g4

そして、大槻ケンヂさん。
人を緊張させない優しさってこういうことなんですね。

夜が白々と明けていく時間帯に聞く筋肉少女帯の「オーケントレイン」、最高でした。




「ああ、なんか前回もこんな曇空だったような気がします」
「まあ、このくらいが疲れなくていいんじゃないですかねえ」


お聞き逃し?
ラジコでお好きな時間にどうぞ。

あの小説の中で集まろう | FMヨコハマ | 2020/08/31/月 27:00-29:00 http://radiko.jp/share/?sid=YFM&t=20200901030000

あの小説の中で集まろう | FMヨコハマ | 2020/09/01/火 05:00-06:00 http://radiko.jp/share/?sid=YFM&t=20200901050000 #radiko





また、集まりましょう。


*********************




*********************



インスタグラムは毎日更新中@hideshimafumika